新・西郷の相場概観!!

スポンサーサイト




FC2 Blog Ranking ← クリック・ミーっ!!

blogranking

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


blogranking

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

リア・ディゾンとモースっ!!




FC2 Blog Ranking ← クリック・ミーっ!!

blogranking

 


 


blogranking blogranking blogranking blogranking blogranking blogranking


わか〜っちゃいるけど やめられないっ!!


 


 


 


 


西郷だ!




今日は




ぐっと




色っぽい












リア・ディゾンっ!!







リア5






う〜む。




おいどん!



ストレスが



吹っとんで










興奮しちょり



もーすっ!!










もーす・・・・















モースっ!!










 



大森貝塚っ!!








と、思ったら。








フェノロサっ!!








リア・ディゾンで。










心は
















岡倉天心っ!!





(まーったく意味不明)




バッコン西郷っ!!


 


 


 


 


どうか、お寄りいただきたいっ!!


ブログランキングっ!! 


ランキング 第1位 明日の注目銘柄 by7777   
 
ランキング 第2位  アイリンクインベストメント

ランキング 第3位 僕と株と樹海の日々   
 
ランキング 第4位 Man/Tのスイングでイこう  


ランキング 第5位  岡倉天心っ!!


ランキング 第6位 大学中退


ランキング 第7位 IRNET 今日の市況


ランキング 第8位  IPO投資家になろう 


ランキング 第9位   カリスマ


ランキング 第10位  株吉ファンド





FC2 Blog Ranking ←ベスト3っ!!


スーパー株式道っ!!  


株価チャンネル


西郷の相場概観!!<格言版>


 


 


 


個人レベルで。


アルゴリズム取引に勝つっ!!


私も愛用しているっ!!


簡単システムトレード


上場3700銘柄を毎日チェックしてくれる簡単な株式投資


非常に重宝する執事であるっ!!



エドワード・S・モース
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: ナビゲーション, 検索
 
エドワード・S・モースエドワード・シルベスター・モース(Edward Sylvester Morse,1838年6月18日 - 1925年12月20日、モールスと表記されることもある)は、明治初期の東京大学で生物学を講じたお雇い外国人である。大森貝塚(東京都大田区・品川区)を発見したことで知られる。


アメリカ合衆国・メイン州ポートランドの生まれ。ハーヴァード大学ではルイ・アガシーに師事し動物学を学んだ。貝類の研究が専門であった。腕足類の研究のため来日した際、1877年〜1880年にかけて東京大学で生物学を教える。ダーウィンの進化論を初めて日本に紹介したのが彼である。


来日し横浜から東京に向かう汽車の窓から大森貝塚を発見し、日本における科学的な考古学研究の第1歩を記した。また、日本の陶磁器や民具に関心を抱き、1882年には収集のため再来日をしている。ボストン市に持ち帰ったものが「モースコレクション」として、当時の生活を知る貴重な資料になっている。(ボストン美術館に陶磁器、セイラム市のピーボディ博物館(現・ピーボディ・エセックス博物館)に民具が収蔵されている。)


晩年、関東大震災で東大図書館の蔵書が全焼したことを知ると、1万冊を超える蔵書を寄贈した。


なお、大森貝塚のある大田区と、モースが館長を務めたピーボディ博物館のあるセーラム市とは姉妹都市を結んでいる。(大田区役所公式サイトより)また神奈川県の江ノ島に東洋初の海洋生物の隣地研究のための臨海実験所を創設した功績を讃えて、江ノ島にモースの碑がある。だが、実際にモースが大森貝塚を発見したのは現在の大井町駅付近であり、大田区ではなかった。


 



アーネスト・フェノロサ
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: ナビゲーション, 検索
アーネスト・フェノロサ(Ernest Francisco Fenollosa, 1853年2月18日 - 1908年9月21日)はアメリカ合衆国の哲学者で、明治時代に来日しお雇い外国人となった。日本美術を評価し、紹介に努めたことで知られる。


マサチューセッツ州生まれ、ハーバード大学卒。1878年(明治11年)に来日し、東京大学で哲学などを講じた。日本美術に深い関心を寄せ、助手の岡倉天心とともに古寺の美術品を訪ねる。天心と東京美術学校の設立に尽力する。1890年に帰国し、ボストン美術館東洋部長として、日本美術の紹介を行った。1908年、ロンドン滞在中に逝去。生前、仏教に帰依し滋賀の園城寺(三井寺)で受戒を受けており、法明院(滋賀県大津市園城寺町246)に葬られた。


廃仏毀釈を経て、また西洋文化崇拝の風潮の中で見捨てられていた日本美術を評価し、研究を進め、広く紹介した点は日本美術にとっての恩人ともいえ、高く評価されるものである。一方、『法華堂根本曼荼羅図』、『平治物語絵巻』(ともにボストン美術館所蔵)など超国宝級の美術品を海外に流出させたとして批判を受けることも多いが、当時の日本人がゴミ同然に扱っていたものを保存するためだったという意見もある。


 


 


岡倉天心
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: ナビゲーション, 検索
岡倉 天心(おかくら てんしん、男性、文久2年12月26日(1863年2月14日) - 1913年(大正2年)9月2日)は、明治期に活躍した美術家、美術史家、美術評論家、美術教育者。本名岡倉覚三 (おかくら かくぞう)。幼名は角蔵。弟は英語学者の岡倉由三郎。横浜生まれ。東京美術学校(現・東京藝術大学)の設立に大きく貢献し、日本美術院の創設者としても著名。


福井藩士だった父親岡倉勘右衛門は貿易商で、幼いころから英語に慣れていた。東京開成所入所。政治学・理財学を学ぶ。英語が得意だったことから、同校講師のアーネスト・フェノロサの助手となり、フェノロサの美術品収集を手伝った。また天心は、明治15年(1882年)専修学校(現在の専修大学)の教官となり、専修学校創立時の繁栄に貢献し学生達を鼓舞した。専修学校での活躍は、文部省専門学務局内記課に勤めていたころである。また、専修学校の師弟関係で浦啓一も天心と出会い、天心の指導により、その一生に決定的な影響を受けたのである。


東京都台東区に岡倉天心記念公園(旧邸・日本美術院跡)がある。また、ニューヨークで英語で「茶の本」を出版して100年にあたる2006年には、天心が心のふるさととしてこよなく愛した福井県の大本山永平寺において、岡倉天心「茶の本」出版100周年記念座談会が行われる(10月9日(月・祝))


 


 

スポンサーサイト


blogranking

  1. 2007/03/28(水) 19:24:06|
  2. リラックス
  3. | コメント:0
<<植木等っ!! | ホーム | 相場概観!! 3/27引け>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

楽天トラベル





最近の記事

フリーエリア

カウンター


無料カウンター

現在の閲覧者数:
無料カウンター

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリー

タグ

株式
投資
日経平均
PER
ROE
ソフトバンク
SBI
楽天
幻冬舎
ソニー
TOPIX

株式市場
JASDAQ
マザーズ
ヘラクレス
CME
NYダウ
新日本製鐵
トヨタ自動車

楽しく勉強っ!!

blogランキング
有名ブログランキング

我が国随一!!blogランキング
FC2ランキング






月別アーカイブ

プロフィール

西郷

Author:西郷
西郷だ!
2007年 ファイナンシャルプランナーの資格を取得した!!
これからも、どんどん勉強していきたいと思うっ!!

<メール>
saigogaikan@gmail.com
もしくは
nsmari214@gmail.com

フリーエリア

スーパー株式道

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

楽天トラベル

高級ホテルで、くつろぐっ!!

ペットと泊まるも乙なもの!!

ブログ内検索

ここにしかない名著!!

個人投資家の専門店
トレーダーズショップ

FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

利用上のご注意

当ブログは、運営者が個人的に収集した情報、及び考えを書いているもので、その内容及び情報の正確性及び完全性については一切保証できません。 当ブログの情報を使用することにより生ずる直接及び間接の如何なる種類の損失についても運営者は責任を負いかねます。実際の投資行動においては、各自が完全なる自己責任において、投資されるようお願い致します。 また。 すべての文章については、著作権が存在することを念頭に置いたうえでのご利用をお願い致します。 当ブログは、リンクフリーです。 相互リンクは、当ブログへのリンクを貼って、コメント、もしくはトラックバックでお知らせください。

当ブログで紹介している画像の著作権は各画像の製作者にあります。掲載について問題のある場合は直ちに削除いたしますので連絡ください。 kk.honda7*gmail.com (*を@に変えて送信してください。スパム対策です。)

リンク

スーパー株式道
株価チャンネル

株・投資ランキング
このブログをリンクに追加する
FC2 Blog Ranking

ランキング

フリーエリア

健康を増進するっ!! ケンコーコム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新の記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。