新・西郷の相場概観!!

スポンサーサイト




FC2 Blog Ranking ← クリック・ミーっ!!

blogranking

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


blogranking

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

まずもって リア・ディゾン!!




FC2 Blog Ranking ← クリック・ミーっ!!

blogranking

 


力のある株ブログ大繁殖っ!!


BLOGRANKING RANKING 今日は何位か? BLOGランキング


 


 


 


 


FP西郷だ!


 


リア17


 


浮き世の


ストレスと疲れを



癒そうっ!!



ブログランキングっ!! 


FC2 Blog Ranking ときだし〜っ!!


スーパー株式道っ!! ←SBIっ!!


株価チャンネル


西郷の相場概観!!<格言版>


 


増配。


平成19年 5月11日
上場会社名 科研製薬株式会社上場取引所 東証第一部
コード番号 4521 URL http://www. kaken. co. jp/
代表者 (役職名)代表取締役社長(氏名) 乾 四朗
問合せ先責任者 (役職名)執行役員総務部長(氏名) 遠藤 孝雄 TEL (03)5977-5002
定時株主総会開催予定日 平成19年6月28日配当支払開始予定日 平成19年6月29日
有価証券報告書提出予定日 平成19年6月28日
(百万円未満切捨て)
1.平成19年3月期の連結業績(平成18年4月1日〜平成19年3月31日)
(1)連結経営成績(%表示は対前期増減率)
19年3月期76,415 △ 2.9 7.4 18.4
18年3月期75,540 5.9 15.0 13.7
19年3月期
18年3月期
(参考)持分法投資損益 19年3月期 −百万円 18年3月期 △401百万円
(2)連結財政状態
19年3月期
18年3月期
(参考)自己資本 19年3月期 60,433百万円 18年3月期 ― 百万円
(3)連結キャッシュ・フローの状況
19年3月期
18年3月期
2.配当の状況
(基準日) 中間期末
円 銭
18年3月期 7.50
19年3月期 8.50
20年3月期
(予想)
3.平成20年3月期の連結業績予想 (平成19年4月1日〜平成20年3月31日)
(%表示は、通期は対前期、中間期は対前年中間期増減率)
中 間 期
通 期
25.28
47.76
1株当たり当期純利益
円 銭
39,600 4.7
79,900 4.6
5,100 22.2
9,400 15.9
4,800 21.4
8,700 13.5
2,700 5.4
5,100 10.8
経常利益
百万円 %
当期純利益
百万円 %
売上高
百万円 %
営業利益
百万円 %
3.1
10.00 10.00 20.00 41.9
1,836

37.3
8.50 40.1
円 銭
15.00
17.00
純資産配当率
(連結)
円 銭
7.50
百万円
1,479

2.9
1株当たり配当金
期末年間
配当金総額
(年間)
配当性向
(連結)
百万円百万円百万円百万円
6,346 △ 2,023 △11,912 9,681
11,933 △ 2,222 △ 7,478 11,914
財務活動による
キャッシュ・フロー
現金及び現金同等物
期 末 残 高
営業活動による
キャッシュ・フロー
投資活動による
キャッシュ・フロー
98,739 54,637 55.3 543.49
100,900 60,433 59.9 565.92
百万円百万円% 円 銭
総資産純資産自己資本比率1株当たり純資産
7,667
7,136
4,602
3,886
1.2
0.8
8,113
8,359
百万円 % 百万円 % 百万円 % 百万円 %
売上高営業利益経常利益当期純利益
当期純利益率
総 資 産
経常利益率
1株当たり
当期純利益
潜在株式調整後
1株当たり当期純利益
8.0
売 上 高
営業利益率
円 銭 円 銭 % % %
自己資本
平成19年3月期 決算短信
7.7 10.6
33.24 7.8 6.9 11.1
42.42
40.23
40.83
-1-
科研製薬?(4521)平成19年3月期決算短信
4.その他
(1)期中における重要な子会社の異動(連結範囲の変更を伴う特定子会社の異動) 無
(2)連結財務諸表作成に係る会計処理の原則・手続、表示方法等の変更(連結財務諸表作成のための基本となる
重要な事項の変更に記載されるもの)
? 会計基準等の改正に伴う変更有
? ?以外の変更無
(3)発行済株式数(普通株式)
?期末発行済株式数(自己株式を含む) 19年3月期113,282,639株18年3月期105,992,690株
?期末自己株式数 19年3月期6,495,694株18年3月期 5,543,567株
(注)1株当たり当期純利益(連結)の算定の基礎となる株式数については、17ページ「1株当たり情報」をご覧くだ
さい。
(参考)個別業績の概要
1.平成19年3月期の個別業績(平成18年4月1日〜平成19年3月31日)
(1)個別経営成績(%表示は対前期増減率)
19年3月期74,590 △ 3.1 1.5 19.2
18年3月期74,001 6.0 6.0 10.2
19年3月期
18年3月期
(2)個別財政状態
19年3月期
18年3月期
(参考)自己資本 19年3月期 64,556百万円 18年3月期 ― 百万円
2.平成20年3月期の個別業績予想 (平成19年4月1日〜平成20年3月31日)
(%表示は、通期は対前期、中間期は対前年中間期増減率)
中 間 期
通 期
24.35
78,000 4.6 8,800 16.7 8,200 13.0 4,700 7.1 44.01
38,600 4.5 4,800 23.4 4,500 19.1 2,600 5.0
1株当たり当期純利益
百万円 % 百万円 % 百万円 % 百万円 % 円 銭
売上高営業利益経常利益当期純利益
102,416 58,976 57.6 586.69
104,131 64,556 62.0 604.54
自己資本比率1株当たり純資産
百万円百万円% 円 銭
38.07 31.46
総資産純資産
円 銭 円 銭
40.44 38.92
1株当たり潜在株式調整後
当期純利益1株当たり当期純利益
1.4 7,785 7,147 3,680
0.8 7,541 7,257 4,386
百万円 % 百万円 % 百万円 % 百万円 %
売上高営業利益経常利益当期純利益
(注)詳細は、12ページ「連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項、重要な引当金の計上基準」及び「
連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項の変更」をご覧ください。
※ 業績予想の適切な利用に関する説明、その他の特記事項
(将来に関する記述等についてのご注意)
本資料に記載されている業績見通し等の将来に関する記述は、当社が現在入手している情報及び合理的であると判断す
る一定の前提に基づいており、実際の業績等は様々な要因によって大きく異なる可能性があります。業績予想の前提となる
仮定及び業績予想のご利用にあたっての注意事項については3ページ「1.経営成績(1)経営成績に関する分析」をご覧く
ださい。
-2-
科研製薬?(4521)平成19 年3 月期決算短信
-3-
1.経営成績
(1)経営成績に関する分析
医薬品業界におきましては、昨年4 月に業界平均6.7%の薬価引き下げが行われたほか、後発医薬
品の使用促進が強化されるなど医療費抑制策が一層進展する状況の中で、企業間の競争が激化し、経
営環境はますます厳しいものとなっております。
このような状況の下、当社グループ(以下、当社という。)は、研究開発部門を重点部門と位置づけ
てパイプラインの早期充実をはかるとともに、医療現場のニーズに即した付加価値の高い情報提供活
動による地域密着型の営業展開につとめてまいりました。
その結果、当連結会計年度の業績は、売上高76,415 百万円(対前年同期比1.2%増)となりました。
利益面につきましては、研究開発費などの増加により販売費及び一般管理費が増加し、営業利益は
8,113 百万円(対前年同期比2.9%減)となりましたが、前連結会計年度の持分法適用関連会社の清算
で費用負担が減少したこと及び長期未払金の一括返済で金利負担が減少したことにより、経常利益は
7,667 百万円(対前年同期比7.4%増)、当期純利益は4,602 百万円(対前年同期比18.4%増)となり
ました。
(セグメント別の概況)
? 薬業
医薬品につきましては、主力品の関節機能改善剤「アルツ」は数量の大幅な伸びにより売上が増加
し、高脂血症治療剤「リピディル」、医療機器の合成吸収性癒着防止材「セプラフィルム」も順調に伸
長しました。後発医薬品も3品目を新発売し売上を伸ばしましたが、慢性動脈閉塞症治療剤「プロサ
イリン」、鎮痛消炎貼付剤「アドフィード等」は減収となりました。創傷治癒促進剤「フィブラストス
プレー」はほぼ横ばいとなりました。
農業薬品につきましては、農薬の使用抑制による厳しい市場環境の中で、果樹・野菜・芝用殺菌剤
「ポリオキシン」は前年並みとなりましたが、飼料添加物「サリノマイシン」と水稲用除草剤「ペン
トキサゾン」は増収となりました。
その結果、売上高は74,056 百万円(対前年同期比1.1%増)、営業利益は6,826 百万円(対前年同期比
4.2%減)となりました。
なお、海外への売上高は3,580 百万円であります。
? 不動産事業
不動産事業につきましては、文京グリーンコートの地代収入が主であり、ほぼ前年実績どおりとな
りました。
その結果、売上高は2,359 百万円(対前年同期比1.5%増)、営業利益は1,287 百万円(対前年同期比
4.4%増)となりました。
(次期の見通し)
売上高につきましては、「アルツ」のほか「リピディル」「セプラフィルム」の伸長に後発医薬品も寄
与して、増収を見込んでおります。
利益面につきましては、販売費及び一般管理費の効率的な使用につとめるほか、前期までの経営改善
策の効果により増益となる見通しであります。
科研製薬?(4521)平成19 年3 月期決算短信
-4-
次期の見通しにつきましては、連結売上高は79,900 百万円、営業利益は9,400 百万円、経常利益は
8,700 百万円、当期純利益は5,100 百万円を見込んでおります。
(2)財政状態に関する分析
?資産、負債、純資産の状況
当連結会計年度末における総資産は100,900 百万円となり、前連結会計年度末に比べ2,161 百万円の
増加となりました。これは主に、期末日休日要因による受取手形及び売掛金等の増加によるものであり
ます。負債は40,467 百万円となり、前連結会計年度末に比べ3,634 百万円の減少となりました。これ
は主に、社債の転換によるものであります。また、純資産は60,433 百万円となり、前連結会計年度末
に比べ5,796 百万円の増加となりました。これは主に、社債の転換や当期純利益によるものであります。
?キャッシュ・フローの状況
当連結会計年度末における現金及び現金同等物(以下、資金という。)は、前連結会計年度末に比べ
2,232 百万円増加の11,914 百万円となりました。なお、当連結会計年度におけるキャッシュ・フローの
状況と主な要因は次のとおりであります。
(営業活動によるキャッシュ・フロー)
営業活動により増加した資金は11,933 百万円となりました。これは主に、税金等調整前当期純利益
7,783 百万円と法人税等の支払が減少したことによるものであります。
(投資活動によるキャッシュ・フロー)
投資活動の結果支出した資金は2,222 百万円となりました。これは主に、有形固定資産の取得による
ものであります。
(財務活動によるキャッシュ・フロー)
財務活動の結果支出した資金は7,478 百万円となりました。これは配当金の支払と自己株式の取得に
よるものであります。
?キャッシュ・フロー関連指標の推移
平成15 年3月期 平成16 年3月期 平成17 年3月期 平成18 年3月期 平成19 年3月期
自己資本比率 (%) 37.6 40.8 41.9 55.3 59.9
時価ベースの自己資本比率 (%) 45.5 53.1 62.7 100.3 101.5
キャッシュ・フロー対有利子負債比率 (%) 254.5 449.6 202.2 132.0 70.2
インタレスト・カバレッジ・レシオ (倍) 13.5 9.3 20.0 15.5 98.5
自己資本比率:自己資本/総資産
時価ベースの自己資本比率:株式時価総額/総資産
キャッシュ・フロー対有利子負債比率:有利子負債/営業キャッシュ・フロー
インタレスト・カバレッジ・レシオ:営業キャッシュ・フロー/利払い
※各指標は、いずれも連結ベースの財務数値により算出しております。
※株式時価総額は、期末株価終値×期末発行済株式数(自己株式控除後)により算出しております。
※営業キャッシュ・フローは、連結キャッシュ・フロー計算書の営業活動によるキャッシュ・フローを使用
しております。
※有利子負債は、連結貸借対照表に計上されている負債のうち利子を支払っている全ての負債を対象として
科研製薬?(4521)平成19 年3 月期決算短信
-5-
おります。
※利払いは、連結キャッシュ・フロー計算書の利息の支払額を使用しております。
(3)利益配分に関する基本方針及び当期・次期の配当
当社は、株主に対する長期的かつ総合的な利益拡大を重要な経営目標と位置づけております。事業リス
クの高い医薬品産業におきましては、他産業に比し、より高い自己資本の充実が求められております。当
社は、株主還元と自己資本充実のバランスに配慮しながら、業績水準に応じた柔軟な配当政策をとってお
ります。
上記の方針に基づき、当期の利益配当につきましては、期末配当は普通配当1株あたり8 円50 銭を予
定しており、中間配当の普通配当1株あたり8 円50 銭と合せて、年間では普通配当1株あたり17 円と
なる見込みであります。
この年間配当17 円は、前期に比べ2 円の増配であり、5 期連続の増配になります。この結果、連結ベ
ースの配当性向は40.1%となります。
自己株式取得も機動的に行っており、取締役会決議による当期の取得額は5,705 百万円でありました。
次期の利益配当につきましては、普通配当1株あたり中間10 円、期末10 円で、年間20 円を予定して
おります。
2.企業集団の状況
最近の有価証券報告書(平成18 年6 月29 日提出)における「事業系統図(事業の内容)」及び「関係
会社の状況」から重要な変更がないため開示を省略します。
3.経営方針
平成19 年3 月期中間決算短信(平成18 年11 月9 日開示)により開示を行った内容から重要な変更
がないため開示を省略します。
当該決算短信は、次のURLからご覧いただくことができます。
(当社ホームページ)
http://www.kaken.co.jp/
(東京証券取引所ホームページ(上場会社情報検索ページ))
http://www.tse.or.jp/listing/compsearch/index.html
科研製薬?(4521)平成19年3月期決算短信
4.連結財務諸表等
(1)連結貸借対照表(単位:百万円未満切捨)
     期 別
流動資産55,256 56.0 58,600 58.1 3,344
現金及び預金9,681 10,915 1,233
受取手形及び売掛金32,369 34,629 2,260
有価証券149 999 849
たな卸資産9,657 9,126 △ 530
繰延税金資産992 1,133 140
その他2,411 1,804 △ 606
貸倒引当金△ 6 △ 8 △ 2
固定資産43,482 44.0 42,299 41.9 △ 1,183
有形固定資産25,435 25.7 25,237 25.0 △ 197
建物及び構築物19,137 18,560 △ 576
機械装置及び運搬具1,856 1,864 7
工具器具及び備品828 961 133
土地3,331 3,437 105
建設仮勘定282 415 132
無形固定資産298 0.3 485 0.5 187
ソフトウェア258 449 191
その他39 36 △ 3
投資その他の資産17,749 18.0 16,576 16.4 △ 1,172
投資有価証券11,270 10,391 △ 878
長期貸付金273 210 △ 63
長期前払費用776 309 △ 466
繰延税金資産3,467 3,413 △ 54
その他2,148 2,251 102
貸倒引当金△ 187 △ 0 187
98,739 100.0 100,900 100.0 2,161
(平前成連18年結3会月計31年日現度在) (平成19年3月31日現在) 増減
当連結会計年度
資 産 合 計
構成比 % 金額
(資産の部)
金 額金 額構成比 %
科 目
-6-
科研製薬?(4521)平成19年3月期決算短信
(単位:百万円未満切捨)
     期 別
流動負債24,254 24.6 31,478 31.2 7,223
支払手形及び買掛金12,301 15,147 2,845
短期借入金5,380 5,380 ―
一年以内償還予定
転換社債
未払金3,488 4,317 828
未払費用532 648 115
未払法人税等118 2,562 2,444
繰延税金負債0 0 △ 0
未払消費税等192 267 75
賞与引当金1,149 1,129 △ 20
役員賞与引当金― 54 54
返品調整引当金24 26 1
売上割戻引当金807 566 △ 241
その他256 372 115
固定負債19,848 20.1 8,989 8.9 △ 10,858
社債8,395 ― △ 8,395
転換社債1,797 ― △ 1,797
長期借入金3,000 3,000 ―
繰延税金負債239 220 △ 19
退職給付引当金5,737 4,958 △ 778
役員退職慰労引当金297 354 57
その他381 455 73
44,102 44.7 40,467 40.1 △ 3,634
資本金20,737 21.0 ― ― ―
資本剰余金19,462 19.7 ― ― ―
利益剰余金15,428 15.6 ― ― ―
その他有価証券評価差額金2,793 2.8 ― ― ―
自己株式△ 3,784 △ 3.8 ― ― ―
54,637 55.3 ― ― ―
98,739 100.0 ― ― ―
― ― 58,110 57.6 ―
資本金― ― 23,348 23.2 ―
資本剰余金― ― 22,226 22.0 ―
利益剰余金― ― 18,305 18.1 ―
自己株式― ― △ 5,771 △ 5.7 ―
― ― 2,323 2.3 ―
その他有価証券評価差額金― ― 2,321 2.3 ―
繰延ヘッジ損益― ― 1 0.0 ―
― ― 60,433 59.9 ―
― ― 100,900 100.0 ―
― 1,006 1,006
(資本の部)
増減
構成比 % 構成比 % 金額
前連結会計年度当連結会計年度
(平成18年3月31日現在) (平成19年3月31日現在)
金 額金 額
負 債 合 計
(負債の部)
純 資 産 合 計
負債純資産合計
科 目
資 本 合 計
評価・換算差額等
(純資産の部)
株主資本
負債及び資本合計
-7-
科研製薬?(4521)平成19年3月期決算短信
(2)連結損益計算書(単位:百万円未満切捨)
75,540 100.0 76,415 100.0 874
38,492 51.0 39,220 51.3 727
37,047 49.0 37,194 48.7 147
15 0.0 1 0.0 △ 13
28,673 37.9 29,079 38.1 406
8,359 11.1 8,113 10.6 △ 246
営業外収益332 0.4 310 0.4 △ 22
受取利息及び配当金115 133 18
その他217 176 △ 40
営業外費用1,555 2.1 756 1.0 △ 798
支払利息410 121 △ 289
退職給付会計
変更時差異償却額
持分法による投資損失401 ― △ 401
その他218 110 △ 107
7,136 9.4 7,667 10.0 530
特別利益1,770 2.4 343 0.5 △ 1,427
固定資産売却益147 ― △ 147
投資有価証券売却益1,612 ― △ 1,612
退職給付信託設定益― 342 342
その他10 0 △ 9
特別損失1,579 2.1 226 0.3 △ 1,352
固定資産売却損9 2 △ 6
固定資産除却損179 188 8
減損損失268 ― △ 268
関係会社整理損1,112 ― △ 1,112
その他9 35 25
7,327 9.7 7,783 10.2 455
1,129 1.5 2,964 3.9 1,835
2,312 3.1 216 0.3 △ 2,095
3,886 5.1 4,602 6.0 715
(自 平成18年4月 1日
524 ―
 科 目
期 別
524
法人税、住民税及び事業税
(自 平成17年4月 1日
経常利益
税金等調整前当期純利益
販売費及び一般管理費
返品調整引当金繰入額
当期純利益
法人税等調整額
金 額
前連結会計年度当連結会計年度
売上総利益
売上高
売上原価
増減
百分比 % 金額
  至 平成18年3月31日)   至 平成19年3月31日)
金 額百分比 %
営業利益
-8-
科研製薬?(4521)平成19年3月期決算短信
(3)連結剰余金計算書及び連結株主資本等変動計算書
連結剰余金計算書(単位:百万円未満切捨)
15,873
新株予約権付社債の
権利行使による新株の発行
自己株式処分差益0 3,588
19,462
12,859
当期純利益3,886 3,886
配当金1,278
役員賞与39 1,317
15,428
3,587
(資本剰余金の部)
資本剰余金期首残高
資本剰余金増加高
連結剰余金計算書
       期 別前連結会計年度の
科 目
(自 平成17年4月 1日
至 平成18年3月31日)
利益剰余金減少高
利益剰余金増加高
利益剰余金期末残高
利益剰余金期首残高
(利益剰余金の部)
資本剰余金期末残高
-9-
科研製薬?(4521)平成19年3月期決算短信
連結株主資本等変動計算書
当連結会計年度(自 平成18年4月1日 至 平成19年3月31日)
(単位:百万円未満切捨)
株 主 資 本
平成18年3月31日残高20,737 19,462 15,428 △ 3,784 51,843
連結会計年度中の変動額
新株の発行2,611 2,596 5,208
剰余金の配当(注) △ 753 △ 753
剰余金の配当(中間配当) △ 928 △ 928
役員賞与(注) △ 43 △ 43
当期純利益4,602 4,602
自己株式の取得△ 5,799 △ 5,799
自己株式の処分168 3,812 3,980
株主資本以外の項目の
連結会計年度中の変動額(純額)
連結会計年度中の変動額合計2,611 2,764 2,876 △ 1,986 6,266
平成19年3月31日残高23,348 22,226 18,305 △ 5,771 58,110
評価・換算差額等
平成18年3月31日残高2,793 − 2,793 54,637
連結会計年度中の変動額
新株の発行5,208
剰余金の配当(注) △ 753
剰余金の配当(中間配当) △ 928
役員賞与(注) △ 43
当期純利益4,602
自己株式の取得△ 5,799
自己株式の処分3,980
株主資本以外の項目の
連結会計年度中の変動額(純額)
連結会計年度中の変動額合計△ 471 1 △ 470 5,796
平成19年3月31日残高2,321 1 2,323 60,433
(注)平成18年6月の定時株主総会における利益処分項目であります。
△ 471 1 △ 470
資本金資本剰余金
評価・換算差額
等合計
その他有価証券
評価差額金
繰延ヘッジ損益
利益剰余金自己株式株主資本合計
純資産合計
△ 470
-10-
科研製薬?(4521)平成19年3月期決算短信
(4)連結キャッシュ・フロー計算書(単位:百万円未満切捨)
(自 平成17年4月 1日(自 平成18年4月 1日
 至 平成18年3月31日)  至 平成19年3月31日)
金額金額
?. 営業活動によるキャッシュ・フロー
税金等調整前当期純利益7,327 7,783 455
減価償却費1,940 1,977 36
減損損失268 ― △ 268
長期前払費用の償却額818 619 △ 198
ゴルフ会員権評価損9 5 △ 4
退職給付引当金の増減額(減少:△) △ 613 △ 215 397
受取利息及び受取配当金△ 115 △ 133 △ 18
支払利息410 121 △ 289
投資有価証券売却益△ 1,612 ― 1,612
退職給付信託設定益― △ 342 △ 342
持分法による投資損失401 ― △ 401
関係会社整理損1,112 ― △ 1,112
固定資産除却損179 188 8
固定資産売却損益(益:△) △ 147 2 150
売上債権の増減額(増加:△) 1,195 △ 2,260 △ 3,456
たな卸資産の増減額(増加:△) 592 530 △ 62
仕入債務の増減額(減少:△) △ 663 2,845 3,508
未払金の増減額(減少:△) 348 828 479
未払消費税等の増減額(減少:△) △ 76 75 151
役員賞与の支払額△ 39 △ 43 △ 4
その他△ 1,043 184 1,228
    小 計10,295 12,166 1,871
利息及び配当金の受取額115 133 17
利息の支払額△ 410 △ 121 289
法人税等の支払額△ 3,653 △ 797 2,856
法人税等の還付額― 552 552
営業活動によるキャッシュ・フロー6,346 11,933 5,587
?. 投資活動によるキャッシュ・フロー
投資有価証券の取得による支出△ 3,669 △ 356 3,313
投資有価証券の売却による収入2,600 ― △ 2,600
有形固定資産の取得による支出△ 1,532 △ 1,524 8
有形固定資産の売却による収入697 1 △ 696
無形固定資産の取得による支出△ 54 △ 312 △ 257
長期前払費用にかかる支出△ 42 △ 153 △ 110
その他△ 22 122 145
投資活動によるキャッシュ・フロー△ 2,023 △ 2,222 △ 198
?. 財務活動によるキャッシュ・フロー
長期未払金の一括返済による支出△ 8,560 ― 8,560
自己株式の取得・売却による純支出△ 2,073 △ 5,796 △ 3,723
親会社による配当金の支払額△ 1,278 △ 1,682 △ 403
財務活動によるキャッシュ・フロー△ 11,912 △ 7,478 4,433
?. 現金及び現金同等物に係る換算差額― ― ―
?. 現金及び現金同等物の増減額(減少:△) △ 7,590 2,232 9,822
?. 現金及び現金同等物期首残高17,271 9,681 △ 7,590
?. 現金及び現金同等物期末残高9,681 11,914 2,232
当連結会計年度
科 目
期 別増減
金額
前連結会計年度
-11-
科研製薬?(4521)平成19年3月期決算短信
(5)連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項
重要な引当金の計上基準
役員賞与引当金…………………………………役員に対して支給する賞与の支出に充てるため、支給見込額に基づき当連
結会計年度に見合う分を計上しております。
(会計方針の変更)
当連結会計年度より、「役員賞与に関する会計基準」(企業会計基準第4号
平成17年11月29日 )を適用しております。これにより営業利益、経常利益
及び税金等調整前純利益は、それぞれ54百万円減少しております。なお、
セグメント情報に与える影響は、当該個所に記載しております。
(6)連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項の変更
貸借対照表の純資産の部の表示に関する会計基準
(7)連結財務諸表に関する注記事項
(連結貸借対照表関係)
1.有形固定資産の減価償却累計額 31,822百万円
2.担保提供資産 6,990百万円
上記に対する債務
短期借入金 1,400百万円
3.連結会計年度末日満期手形の会計処理
受取手形 512百万円
支払手形 120百万円
設備支払手形 46百万円
連結会計年度末日満期手形の会計処理については、手形交換日をもって決済処理しております。なお、当連結会
計年度末日が金融機関の休日であったため、次の連結会計年度末日満期手形が、連結会計年度末残高に含まれてお
ります。
当連結会計年度より、「貸借対照表の純資産の部の表示に関する会計基準」(企業会計基準第5号 平成17年12月
9日)及び「貸借対照表の純資産の部の表示に関する会計基準等の適用指針」(企業会計基準適用指針第8号 平成17
年12月9日)を適用しております。これまでの資本の部の合計に相当する金額は60,431百万円であります。また、
これによる損益に与える影響はありません。
上記以外は、最近の有価証券報告書(平成18年6月29日提出)における記載から重要な変更がないため開示を
省略します。
-12-
科研製薬?(4521)平成19年3月期決算短信
(連結株主資本等変動計算書関係)
1 発行済株式の種類及び総数並びに自己株式の種類及び株式数に関する事項
発行済株式
普通株式
合計
自己株式
普通株式
合計
(注)1.普通株式の発行済株式総数の増加7,289,949株は、新株予約権付社債の行使による新株の発行
による増加であります。
2.普通株式の自己株式の株式数の増加6,390,087株は、取締役会の決議に基づく自己株式の取得
による増加6,284,000株、単元未満株式の買取りによる増加106,087株であります。
3.普通株式の自己株式の株式数の減少5,437,960株は、新株予約権付社債の行使に自己株式を
代用したことによる減少5,434,170株、単元未満株式の売渡しによる減少3,790株であります。
2 新株予約権等に関する事項
該当事項はありません。
3 配当に関する事項
(1)配当金支払額
平成18年6月29日平成18年平成18年
定時株主総会3月31日7月1日
平成18年11月9日平成18年平成18年
取締役会9月30日12月6日
(2)基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの
配当金の総
額(百万円)
平成19年6月28日平成19年平成19年
定時株主総会3月31日6月29日
基準日効力発生日
配当額(円)
普通株式利益剰余金907 8.50
決議予定株式の種類配当の原資
1株当たり
普通株式753 7.50
普通株式928 8.50
基準日効力発生日
(百万円) 配当額(円)
決議株式の種類
配当金の総額1株当たり
5,543,567 6,390,087 5,437,960 6,495,694
5,543,567 6,390,087 5,437,960 6,495,694
― 113,282,639
105,992,690 7,289,949 ― 113,282,639
前連結会計年度末
105,992,690 7,289,949
(株) (株)
当連結会計年度
株式数増加株式数
(株) (株)
減少株式数株式数
当連結会計年度当連結会計年度末
-13-
科研製薬?(4521)平成19年3月期決算短信
(連結キャッシュ・フロー計算書関係)
1. 現金及び現金同等物の期末残高と連結貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係
現金及び預金勘定9,681 百万円現金及び預金勘定10,915 百万円
有価証券勘定149百万円有価証券勘定999百万円
計9,831 百万円計11,914 百万円
預入期間が3ヶ月を超える定期預金― 百万円預入期間が3ヶ月を超える定期預金― 百万円
保有期間が3ヶ月を超える有価証券△ 149 百万円保有期間が3ヶ月を超える有価証券― 百万円
現金及び現金同等物9,681 百万円現金及び現金同等物11,914 百万円
2. 重要な非資金取引の内容
新株予約権付社債の行使による新株予約権付社債の行使による
資本金増加額資本金増加額
新株予約権付社債の行使による新株予約権付社債の行使による
資本準備金増加額資本準備金増加額
新株予約権付社債の行使による新株予約権付社債の行使による
自己株式処分差益の発生自己株式処分差益の発生
新株予約権付社債の行使による新株予約権付社債の行使による
自己株式の減少額自己株式の減少額
新株予約権付社債の行使による新株予約権付社債の行使による
新株予約権付社債減少額新株予約権付社債減少額
なお、上記には、商法等改正整備法第19条第2項の規定に
より新株予約権付社債とみなされる転換社債の転換による
ものを含んでおります。
3,809 百万円
9,186 百万円
2,596 百万円
167 百万円
3,609 百万円2,611 百万円
(前連結会計年度) (当連結会計年度)
(前連結会計年度) (当連結会計年度)
3,587 百万円
0 百万円
なお、上記には、商法等改正整備法第19条第2項の規定
により新株予約権付社債とみなされる転換社債の転換に
よるものを含んでおります。
4 百万円
7,202 百万円
-14-
科研製薬?(4521)平成19年3月期決算短信
1.
(単位:百万円未満切捨)
?. 売上高及び営業損益
(1) 73,215 2,325 75,540 ― 75,540
(2) ― 303 303 ( 303 ) ―
計73,215 2,628 75,843 ( 303 ) 75,540
営業費用66,089 1,394 67,484 ( 303 ) 67,181
営業利益7,126 1,233 8,359 ― 8,359
?.
資産63,205 17,588 80,794 17,944 98,739
減価償却費1,983 775 2,759 ― 2,759
減損損失268 ― 268 ― 268
資本的支出1,914 52 1,966 ― 1,966
(注)1. 事業区分は、内部管理上採用している区分によっております。
2. 各事業の主要製品又は内容
3.
4.
自 平成17年 4月 1日
至 平成18年 3月31日
連 結
前連結会計年度
薬 業

その他事業


(セグメント情報 )
(前連結会計年度)
事業の種類別セグメント情報
セグメント間の内部売上高又は振替高
外部顧客に対する売上高
   薬業…………医薬品、農業薬品
資産のうち、消去又は全社の項目に含めた全社資産(17,944百万円)の主なものは、親会社での余資運用資金
(現金及び預金、有価証券)、長期投資資金(投資有価証券及びその他)、繰延税金資産であります。
資産、減価償却費、減損損失及び資本
的支出
   その他………不動産賃貸
消去又は全社
資本的支出及び減価償却費には長期前払費用とその償却額が含まれております。
-15-
科研製薬?(4521)平成19年3月期決算短信
(当連結会計年度)
(単位:百万円未満切捨)
?. 売上高及び営業損益
(1) 74,056 2,359 76,415 ― 76,415
(2) ― 303 303 ( 303 ) ―
計74,056 2,662 76,718 ( 303 ) 76,415
営業費用67,229 1,375 68,605 ( 303 ) 68,301
営業利益6,826 1,287 8,113 ― 8,113
?. 資産、減価償却費及び資本的支出
資産64,966 16,789 81,756 19,144 100,900
減価償却費1,869 727 2,596 ― 2,596
資本的支出2,186 51 2,238 ― 2,238
(注)1. 事業区分は、内部管理上採用している区分によっております。
2. 各事業の主要製品又は内容
3.
4.
5.
6.
2. 所在地別セグメント情報
3. 海外売上高
当連結会計年度( 自 平成18年 4月 1日
至 平成19年 3月31日)
連 結
外部顧客に対する売上高
セグメント間の内部売上高又は振替高
   薬業………………医薬品、農業薬品
薬 業不動産事業計消去又は全社
 当連結会計年度及び前連結会計年度については、本邦以外の国又は地域に所在する支店及び連結子会社はあ
りません。
 当連結会計年度及び前連結会計年度については、海外売上高がいずれも連結売上高の100分の10未満である
ため、海外売上高の記載を省略しております。
   不動産事業………不動産賃貸、ビルメンテナンス他
資産のうち、消去又は全社の項目に含めた全社資産(19,144百万円)の主なものは、親会社での余資運用資金
(現金及び預金、有価証券)、長期投資資金(投資有価証券及びその他)、繰延税金資産であります。
資本的支出及び減価償却費には長期前払費用とその償却額が含まれております。
当連結会計年度より、事業の種類別セグメントの名称を実態に即して、その他事業から不動産事業に変更して
おります。
当連結会計年度より、「役員賞与に関する会計基準」(企業会計基準第4号 平成17年11月29日 )を適用して
おります。これにより薬業の営業費用は52百万円、不動産事業の営業費用は1百万円増加し、それぞれの営業
利益が同額減少しております。
-16-
科研製薬?(4521)平成19年3月期決算短信
(1株当たり情報)
1株当たり純資産額543円49銭1株当たり純資産額565円92銭
1株当たり当期純利益金額40円23銭1株当たり当期純利益金額42円42銭
潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額33円24銭潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額40円83銭
(注)算定の基礎
1.1株当たり純資産額
前連結会計年度末
平成18年3月31日
− 60,433
− 60,433
− 106,786
2.1株当たり当期純利益金額及び潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額
前連結会計年度
(自 平成17年4月1日
至 平成18年3月31日)
1株当たり当期純利益金額
当期純利益(百万円) 3,886 4,602
普通株主に帰属しない金額(百万円) 43 −
(うち利益処分による役員賞与金(百万円)) 43 −
普通株式に係る当期純利益(百万円) 3,842 4,602
普通株式の期中平均株式数(千株) 95,534 108,486
潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額
当期純利益調整額(百万円) − −
(うち支払利息(税額相当額控除後))(百万円) − −
普通株式増加数(千株) 20,087 4,241
(うち転換社債(千株)) 6,836 2,602
(うち新株予約権付社債(千株)) 13,250 1,638
希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株当たり
当期純利益の算定に含まれなかった潜在株式の概要
(重要な後発事象)
該当事項はありません。
平成19年3月31日
当連結会計年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当連結会計年度末
純資産の部の合計額(百万円)
普通株式に係る期末の純資産額(百万円)
1株当たり純資産額の算定に用いられた期末の普通株式
の数(千株)
前連結会計年度
(自 平成17年4月1日
至 平成18年3月31日)
当連結会計年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
− −
-17-
科研製薬?(4521)平成19年3月期決算短信
(開示の省略)
リース取引、関連当事者との取引、税効果会計、有価証券、デリバティブ取引、退職給付に関する注記事
項については、決算短信における開示の必要性が大きくないと考えられるため開示を省略します。
-18-
科研製薬?(4521)平成19年3月期決算短信
5.個別財務諸表
(1)貸借対照表(単位:百万円未満切捨)
     期 別
54,761 53.5 57,921 55.6 3,160
現金及び預金9,287 10,529 1,241
受取手形2,676 2,513 △ 162
売掛金29,391 31,626 2,235
有価証券149 999 849
たな卸資産9,598 9,060 △ 537
繰延税金資産978 1,118 140
その他2,683 2,077 △ 605
貸倒引当金△ 3 △ 3 △ 0
47,655 46.5 46,210 44.4 △ 1,445
有形固定資産23,567 23.0 23,464 22.5 △ 102
建物及び構築物17,375 16,894 △ 480
機械装置1,834 1,845 11
土地3,224 3,330 105
その他1,132 1,393 261
無形固定資産286 0.3 477 0.5 190
ソフトウェア247 441 194
その他39 35 △ 3
投資その他の資産23,801 23.2 22,268 21.4 △ 1,533
投資有価証券11,393 10,514 △ 878
長期貸付金7,283 6,860 △ 423
長期前払費用775 309 △ 466
繰延税金資産896 841 △ 54
前払年金費用918 1,124 206
その他2,723 2,619 △ 103
貸倒引当金△ 188 △ 1 187
102,416 100.0 104,131 100.0 1,715
増減
金額
前事業年度末当事業年度末
(平成18年3月31日現在)
構成比 %
資 産 合 計
金額金額構成比 %
科 目
(平成19年3月31日現在)
流動資産
固定資産
(資産の部)
-19-
科研製薬?(4521)平成19年3月期決算短信
(単位:百万円未満切捨)
     期 別
金額
流動負債23,835 23.3 30,813 29.6 6,977
支払手形86 141 55
買掛金11,970 14,498 2,527
短期借入金5,380 5,380 −
― 1,006 1,006
未払金3,489 4,327 837
未払費用532 647 115
未払法人税等― 2,442 2,442
未払消費税等181 265 83
賞与引当金1,146 1,127 △ 19
役員賞与引当金― 54 54
返品調整引当金24 26 1
売上割戻引当金807 566 △ 241
その他215 331 116
固定負債19,604 19.1 8,761 8.4 △ 10,843
社債8,395 − △ 8,395
転換社債1,797 − △ 1,797
長期借入金3,000 3,000 −
退職給付引当金5,733 4,955 △ 777
役員退職慰労引当金297 349 52
その他381 455 73
43,440 42.4 39,575 38.0 △ 3,865
資本金20,737 20.3 − − −
資本剰余金19,462 19.0 − − −
資本準備金19,449 − −
その他資本剰余金12 − −
利益剰余金19,767 19.3 − − −
利益準備金1,413 − −
任意積立金8,235 − −
固定資産圧縮積立金235 − −
別 途 積 立 金8,000 − −
当期未処分利益10,118 − −
その他有価証券評価差額金2,793 2.7 − − −
自己株式△ 3,784 △ 3.7 − − −
58,976 57.6 − − −
102,416 100.0 − − −
株主資本− − 62,233 59.8 −
資本金− − 23,348 22.4 −
資本剰余金− − 22,226 21.4 −
資本準備金− − 22,046 −
その他資本剰余金− − 180 −
利益剰余金− − 22,429 21.5 −
利益準備金− − 1,413 −
その他利益剰余金− − 21,015 −
自己株式− − △ 5,771 △ 5.5 −
評価・換算差額等− − 2,323 2.2 −
その他有価証券評価差額金− − 2,321 −
繰延ヘッジ損益− − 1 −
− − 64,556 62.0 −
− − 104,131 100.0 −
純 資 産 合 計
負債純資産合計
(純資産の部)
資 本 合 計
負債及び資本 合計
科 目
(負債の部)
一年以内償還予定転換社債
負 債 合 計
(資本の部)
当事業年度末増減
構成比 %
(平成19年3月31日現在)
金額
前事業年度末
(平成18年3月31日現在)
金額構成比 %
-20-
科研製薬?(4521)平成19年3月期決算短信
(2)損益計算書(単位:百万円未満切捨)
(自 平成17年4月 1日 (自 平成18年4月 1日
至 平成18年3月31日) 至 平成19年3月31日)
74,001 100.0 74,590 100.0 588
37,761 51.0 38,207 51.2 446
36,240 49.0 36,382 48.8 142
15 0.0 1 0.0 △ 13
28,439 38.4 28,839 38.7 400
7,785 10.6 7,541 10.1 △ 244
営業外収益515 0.7 471 0.6 △ 43
受取利息及び配当金299 305 5
その他215 166 △ 49
営業外費用1,153 1.6 755 1.0 △ 397
支払利息410 121 △ 289
退職給付会計
変更時差異償却額524 524 ―
その他217 109 △ 107
7,147 9.7 7,257 9.7 109
特別利益1,773 2.4 343 0.5 △ 1,429
固定資産売却益147 ― △ 147
投資有価証券売却益1,612 ― △ 1,612
退職給付信託設定益― 342 342
その他12 0 △ 12
特別損失1,980 2.7 215 0.3 △ 1,764
固定資産売却損9 2 △ 6
固定資産除却損179 177 △ 1
減損損失268 ― △ 268
関係会社整理損1,112 ― △ 1,112
投資有価証券評価損401 ― △ 401
その他9 35 25
6,940 9.4 7,384 9.9 444
927 1.2 2,760 3.7 1,832
2,331 3.2 237 0.3 △ 2,094
3,680 5.0 4,386 5.9 705
 科 目
法人税等調整額
法人税、住民税及び事業税
売上高
販売費及び一般管理費
経常利益
返品調整引当金繰入額
金額
税引前当期純利益
売上原価
売上総利益
営業利益
当期純利益
期 別
増減
金額百分比 % 金額
当事業年度
百分比 %
前事業年度
-21-
科研製薬?(4521)平成19年3月期決算短信
(3)利益処分計算書及び株主資本変動計算書
利益処分計算書
注記
番号
?当期未処分利益10,118
?任意積立金取崩額
1.固定資産圧縮積立金取崩額113 113
合計10,232
753
43
(6)
1,000 1,796
8,435
前事業年度
?利益処分額
3.別途積立金
2.役員賞与
(株主総会承認日
平成18年6月29日)
区分金額(百万円未満切捨)
?次期繰越利益
1.利益配当金
(内監査役分)
-22-
科研製薬?(4521)平成19年3月期決算短信
株主資本等変動計算書
当事業年度(自 平成18年4月1日 至 平成19年3月31日)
(単位:百万円未満切捨)
平成18年3月31日残高20,737 19,449 12 19,462 1,413 235 8,000 10,118 18,354 19,767 △ 3,784 56,182
事業年度中の変動額
新株の発行2,611 2,596 2,596 5,208
固定資産圧縮積立金取崩(注) △ 117 117 ― ― ―
別途積立金の積立(注) 1,000 △ 1,000 ― ― ―
剰余金の配当(注) △ 753 △ 753 △ 753 △ 753
剰余金の配当(中間配当) △ 928 △ 928 △ 928 △ 928
役員賞与(注) △ 43 △ 43 △ 43 △ 43
当期純利益4,386 4,386 4,386 4,386
自己株式の取得△ 5,799 △ 5,799
自己株式の処分168 168 3,812 3,980
株主資本以外の項目の
事業年度中の変動額(純額)
事業年度中の変動額合計2,611 2,596 168 2,764 ― △ 117 1,000 1,779 2,661 2,661 △ 1,986 6,050
平成19年3月31日残高23,348 22,046 180 22,226 1,413 117 9,000 11,898 21,015 22,429 △ 5,771 62,233
平成18年3月31日残高2,793 ― 2,793 58,976
事業年度中の変動額
新株の発行5,208
固定資産圧縮積立金取崩(注) ―
別途積立金の積立(注) ―
剰余金の配当(注) △ 753
剰余金の配当(中間配当) △ 928
役員賞与(注) △ 43
当期純利益4,386
自己株式の取得△ 5,799
自己株式の処分3,980
株主資本以外の項目の
事業年度中の変動額(純額)
事業年度中の変動額合計△ 471 1 △ 470 5,580
平成19年3月31日残高2,321 1 2,323 64,556
(注)平成18年6月の定時株主総会における利益処分項目であります。なお、当該決議による固定資産圧縮積立金取崩は113百万円であります。
△ 471 1
繰越利益
剰余金
その他利
益剰余金
合計
自己株式
△ 470 △ 470
評価・換算差額等
利益
剰余金
合計
固定資産
圧縮
積立金
別途
積立金
株主資本
合計
資本剰余金
株主資本
資本
準備金
資本金その他資
本剰余金
資本剰余
金合計
利益剰余金
利益
準備金
その他利益剰余金
純資産
合計
その他有
価証券評
価差額金
繰延ヘッ
ジ損益
評価・換
算差額等
合計
-23-
科研製薬?(4521)平成19年3月期決算短信
(役員の異動 )
1.代表者の異動
該当事項なし
2.その他の役員の異動(平成19年6月28日付 予定)
(1)昇任・新任取締役候補
常務取締役大沼 哲夫(現 取締役営業本部長)
取締役遠藤 孝雄(現 執行役員総務部長)
取締役小島 進(現 執行役員研究開発本部長)
(2)新任監査役候補
監査役(常勤) 齊藤 武司(現 常務取締役)
監査役(常勤) 星井 文雄(現 東京支店副支店長)
(3)退任予定取締役
常務取締役齊藤 武司(常勤監査役就任予定)
取締役半田 豊(経営顧問就任予定)
取締役高松 信一(経営顧問就任予定)
(4)退任予定監査役
監査役(常勤) 岡本 理(経営顧問就任予定)
監査役(常勤) 庄子 智(経営顧問就任予定)
3.執行役員の異動(平成19年7月1日付 予定)
(1)執行役員の新任(平成19年3月29日開催の取締役会で決定済み)
執行役員浅見 秀一(現 社長室長)
執行役員高橋 健介(現 人事部長)
執行役員小南 實 (現 医薬営業部長)
執行役員仲内 荘八(現 東京支店長)
執行役員長田 均(現 大阪支店長)
(2)執行役員の退任予定
執行役員得津 嘉男(科研ファルマ株式会社 社長就任予定)
執行役員遠藤 孝雄(取締役就任予定)
執行役員小島 進(取締役就任予定)
-24-

スポンサーサイト


blogranking

  1. 2007/04/10(火) 20:27:49|
  2. リラックス
  3. | コメント:0
<<鉄道株の盛り上がりっ!! ウォーレン・バフェット!! | ホーム | 相場概観!! 4/9引け>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

楽天トラベル





最近の記事

フリーエリア

カウンター


無料カウンター

現在の閲覧者数:
無料カウンター

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリー

タグ

株式
投資
日経平均
PER
ROE
ソフトバンク
SBI
楽天
幻冬舎
ソニー
TOPIX

株式市場
JASDAQ
マザーズ
ヘラクレス
CME
NYダウ
新日本製鐵
トヨタ自動車

楽しく勉強っ!!

blogランキング
有名ブログランキング

我が国随一!!blogランキング
FC2ランキング






月別アーカイブ

プロフィール

西郷

Author:西郷
西郷だ!
2007年 ファイナンシャルプランナーの資格を取得した!!
これからも、どんどん勉強していきたいと思うっ!!

<メール>
saigogaikan@gmail.com
もしくは
nsmari214@gmail.com

フリーエリア

スーパー株式道

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

楽天トラベル

高級ホテルで、くつろぐっ!!

ペットと泊まるも乙なもの!!

ブログ内検索

ここにしかない名著!!

個人投資家の専門店
トレーダーズショップ

FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

利用上のご注意

当ブログは、運営者が個人的に収集した情報、及び考えを書いているもので、その内容及び情報の正確性及び完全性については一切保証できません。 当ブログの情報を使用することにより生ずる直接及び間接の如何なる種類の損失についても運営者は責任を負いかねます。実際の投資行動においては、各自が完全なる自己責任において、投資されるようお願い致します。 また。 すべての文章については、著作権が存在することを念頭に置いたうえでのご利用をお願い致します。 当ブログは、リンクフリーです。 相互リンクは、当ブログへのリンクを貼って、コメント、もしくはトラックバックでお知らせください。

当ブログで紹介している画像の著作権は各画像の製作者にあります。掲載について問題のある場合は直ちに削除いたしますので連絡ください。 kk.honda7*gmail.com (*を@に変えて送信してください。スパム対策です。)

リンク

スーパー株式道
株価チャンネル

株・投資ランキング
このブログをリンクに追加する
FC2 Blog Ranking

ランキング

フリーエリア

健康を増進するっ!! ケンコーコム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新の記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。